テーマ:鉄(くろがね)のラインバレル

鉄(くろがね)のラインバレル 最終回 第24話 「鋼鉄の華」

今回、ある事に気が付いた・・・ 結局管理人さんは一言もしゃべらなかったっと言うことを・・・(^_^;) まぁ、そんな事は置いといて、緊迫感溢れる描写の連続で素直に面白かった。 ちょっと宇宙戦艦ヤマトみたいな玉砕覚悟での特攻や、エヴァンゲリオンみたいな暴走、原作版(漫画版)ウイングマンを彷彿とする正義の味方の捕らえ方など、様々な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第23話 「死に方が決める生き方」

壮絶な地球存亡の危機、圧倒的な戦力の差を見せ付けられるJUDAと加藤機関の面々たち・・・ 最終回に向けた熱く、燃える描写の数々に手汗握る展開にハラハラドキドキが止まりません(≧▽≦) しかし、バッタバッタと人が死んでくな 普通に見てると怖いぞこれ((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル 絶望的な状況の中、半ば諦めかけた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第22話 「鬼を喰らうモノ」

大どんでん返しぶりのこの急展開にビックリだ まさか悪そのものの加藤機関がこういう形で手を結ぶとは・・・ 世界を守る為に同志を賛同する為にといっても、これは犠牲者が多すぎだろ いったい何人人を殺したんだ! あまりのも手を汚しきった加藤久嵩の心情を見たい気がする。 立ちはだかる最強の敵――森次玲二。 彼は浩一たちに、いかに未…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第21話 「狂気の翼」

ホログラフィーの石神社長。 都合が悪くなるといきなりエラーになり、茶目っ気たっぷりな石神社長 どこまでも石神社長の呪縛から逃げられないJUDAの面々 てかホログラフィー相手に会話するなwwwwwwwww 今回で過去の森次にちょっと触れていたが、彼もまた、彼なりの正義を貫こうとした、浩一とは対照的な正義の味方になりたいと思って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第20話 「運命の男(ひと)」

国連からも攻撃を受け、テロ組織として認定されてしまったJUDA。 なんか残酷だよね。 世界を守ろうと身を粉にして奮戦しているというのに、その世界から敵視されちゃ終わりだよね。 私だったら世界を守る価値がないと判断して加藤機関に入隊しそう・・・(´Д`) そんな不憫な役回りを演じているにも係わらずに、浩一は自分の正義を貫く為世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第19話 「届く陽(ヒカリ)、暴かれる陰(カゲ)」

一人の女性、理沙子の争奪戦みたいな展開にいつのまにやらなっていってしまった感があるが、世界を守るとか、そんな大それた事より、それが人間本来の持っている「身近な人を守りたい」という感情や心情があるからこそ、人は強くなれるんじゃなかろうか? それを矢島は浩一に対して、また守られる側に戻れと言うけれど、それはやっぱり弱い浩一に戻れといってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第18話 「メメント・モリ」

浩一が自分の正義の見方について熱く語っている・・・ なんと立派なやつに成長したんだ! あんなに嫌なやつだったのに、成長とは恐ろしい物だ しかし、毎度毎度思うんだが加藤機関のボス「加藤久嵩」はよくまぁ、世間話がすきだなおいヾ(´Д`;) 世間話じゃなくて人情味のあるやつなのかもしれないが、それにしてもホタテのバター焼きうまそうだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第17話 「機械じかけの呪い」

新キャラ登場かよ! と思っていたが、死んでいた矢島だった!! すっかり、その存在を忘れておりましたよ っていうかジュディ・・・おもえもか~~!!! って姉かよ! ビックリする事だらけだ!今回は・・・ そりゃねぇ~、目の前で死んだ人間が意気揚々と目の前に現れたらそりゃ、狼狽するし、うれしい半面、疑心暗鬼にかかって疑いたくなるわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第16話 「黄昏の断罪」

冒頭でVTOL機で颯爽と登場したレイチェル・・・ すでに彼女の役割は萌えキャラ以外の何者でもないな! VTOL機での離陸時の風で飛ばされアンテナに引っかかる彼女のタジタジ感ときたら(≧▽≦) しかし、今回一番の目玉はこれであろう・・・ 死んでもそのおちゃけたパフォーマンスを披露する茶目っ気たっぷりの石神社長 っていうか、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第15話 「ベクトル」

マスコミの扇動ってこわいねぇ~ すっかり国民を洗脳するなんて、あまつさえ浩一の家族にまで浩一を悪者扱い・・・ しかし、この浩一の家族を騙してまでテレビ放映したシーンは、見るにも滑稽すぎて笑えてしまう(≧▽≦) あれは浩一じゃなくとも恥ずかしいだろ なんだか、銀行強盗をした犯人に向けて説得を続ける親みたいだヾ(´Д`;) とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第14話 「流れる血、失うは涙」

最近のSFアニメは日本掌握を題材にしたストーリーがはやっているのかねぇ~ コードギアスもそうだが、なんと政府機関関連の施設が弱すぎる・・・ 米軍も沈黙を黙って静観している始末だし・・・ しかし、石神長官、いいキャラを出していたのになんともったいない人を亡くしたもんだ 次々と起きる予想外の事件。明らかになったラインバレルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第13話 「黒の執行者」

前回の理沙子と浩一のファーストキッスの一件以来、石神社長の浮かれっぷり・・・ お前は子供か!! トップの社長がこんな軽さでいいのか? 好意を寄せている絵美と美海は当然、嫉妬から来る怒りで、自己嫌悪と八つ当たり・・・ いま、加藤機関と戦闘状態にある危機的状況のなかで、こんな色恋沙汰に右往左往していいのだろうか っていうか、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第12話 「南海より愛をこめて」

エッチなのはいけないと思いますっ!! これはヒドイ(いい意味で♥) 前回のギャク回よりさらにエッチ度倍増 しかし、ギャク回になるといつもこのアニメはエロくなるな~(´・ω・`) 南海の孤島・・・ 水着 オオダコ と、くれば触手物になってしまうのが世の常・・・ 女性陣だけが、なぜかオオダコに捕まる・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがねの)のラインバレル 第11話 「SUPER NOVA」

衛星兵器を守護するヤオヨロズとの戦闘に苦戦を強いるラインバレル・・・ 当たり前と言えば、当たり前だよなぁ だってラインバレルは地上戦用・・・ 宇宙戦用に換装したわけでもないのに、宇宙空間で縦横無尽に動き回れるヤオヨロズに勝てるわけも無い! そもそも、この作戦自体が無謀すぎやしないか? 誰だ、この作戦の発案者は!! まぁ、主人…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第10話 「OVER DRIVE」

クリスマスバージョンで始まったシーンで、今回はお色気多彩のお笑い回か? 男どもの色目を気にしつつ、ちゃっかりしっかり着ているサンタワンピースを着た女性陣! 「なかなか、萌える展開じゃの~」とオヤジ視線で見入っていたが、なんのなんの燃える展開が数多くあったじゃないか!! 衛星兵器破壊作戦にJUDAの面々の緊張状態 バイコヌール宇宙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第09話 「ブラック・チェンバー」

どんどん石神社長の人格が崩壊していく・・・ レントゲン写真を見せて、からかってまるで子供みたいだね 今回はまともな作戦行動がとれてちょっとはまともな組織になってきたじゃないかと思いつつ、前回の浩一と同じく持ち場を離れる山下・・・ やっぱり中学生にこんなことやらせちゃだめだな はっきり言って理性より、本能のほうが打ち勝っちゃうのだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第08話 「戯れの鬼たち」

今回色々とツッコミどころ満載でしたなぁ 作戦内容より基本的な事すら知らないおばかさん 命令どうりに動かないおばかさん エロゲ発動したおばかさん なぜそんなにもてるんだ浩一よ・・・(´・ω・`) 合衆国の米軍基地に、森次、美海、浩一が駆けつける。目的は、撤退する米軍輸送機の支援と、敵の掃討。浩一にとっては、今回が初めての正式…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第07話 「サイアクな放課後」

わからんなぁ~ 浩一の事に興味を抱いた、そんな理由だけで敵の親玉が危険を冒してまで、こちらのJUDA総本部にノコノコ来るか、普通・・・ まぁ、どちらも手の内を探り合っている状態らしいので、戦闘をしないだろうと絶対的な自信があったからこその来訪だと思うんだが、あまりにもセキュリティの甘さが露呈したなJUDAよヾ(´Д`;) そ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第06話 「明るい夜」

ちょっとしたエッセンス程度だからこそギャグは映える物なのに、この回ときたら・・・ 完全にギャク回と化してます てかやりすぎに注意ですよ 冒頭部分で担架に運ばれる浩一を見て、どんな危機的状況に陥ったんだろうと思って見たものの、それもギャクの一部だったとは・・・ 今回はあまり釈然としないなぁ まぁ、でもこれはこれで、JUDAのみな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第05話 「明日への道標」

自尊心と自己保身と欲求を満たす為だけに大暴れし、正義ごっこ以下の行いに親友の死でようやく気が付いた己の過ち・・・ 取り返しのつかない事をした浩一は、今度は羞恥心と恐怖からその現実からラインバレルの登場を拒絶する ようやく、この回で主人公の浩一のあの、ろくでもない性格が改善され、本当の正義とは何なのか?本当の力とは? という問いに気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第04話 「正義の代償」

親友の友達を思う説得に耳を貸さずにいた浩一だったが、今回の話で、その死でようやく自分らしい正義の味方という物がわかりかけた様子 しかし、たった4話で重要人物であるサブキャラの死っていうのはどうなんだい しかも、その該当シーンが痛々しくて見てられんのですけど(>_<) 片手、片腕((( ;゜Д゜)))ガクガクブルフ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第03話 「蒼の戦慄」

なんというダダッ子、わがままでチンプすぎる正義のヒーローなんだ 子供か?お前は!! いや、幼稚園児だな、まるでヾ(´Д`;) 回を追う事に、浅はかな自分勝手すぎる陳腐な正義のヒーローに、周りに多大な迷惑を被っているという自覚無しに、ただ己の自己保身の為だけに戦闘行為をする浩一に皆嫌気をもよおしている・・・ っているか見ているこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第02話 「疾走する正義」

究極のパシリ・・・ いじめられっ子が変に力を持つとどうしようもなくなるね すでに笑い方が「悪」そのものなんですけど・・・((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル 浩一の事を常に心配している友達、新山 理沙子と矢島 英明はいい人じゃないか 浩一の変貌ぶりに愕然としながらも、心配する友達の存在は大事だ しいて言うならSF…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鉄(くろがね)のラインバレル 第01話 「クロガネと少年」

主人公が勝気で無謀な行動を取る情けないパシリ野郎で愕然とした(゚□゚;) ってこんな個性のキャラ初めてじゃないのか? しかし、キャラクターデザインが一発で平井久司であることに気が付いた・・・ スクライド、しかり、蒼穹のファフナー、しかり、ヒロイック・エイジしかりで、作品からこぼれ出る熱い熱血要素が含んでいるキャラが得意なのだが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more