テーマ:図書館戦争

図書館戦争 第12話 「図書館ハ誰ガタメニ」

ちょっとキレイにまとめすぎじゃないか? カミツレと図書隊、規制に反対する人と賛同する人 なんだか、全体的に通して、この作品自体の根底に流れている事を笠原が断言しちゃってますね 聞いた事がないような症状に陥ってしまう堂上を直そうと一生懸命介護する笠原。 何の反応も示さない堂上を見て、不覚にもボケってこんな感じなのかなぁと、不謹…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第11話 「死闘!茨城県展警備」

人間、執着しだすと心にブレーキが出来なくなり、暴走となりうるという典型的な話ですね。 まぁ、それが良化隊のメンツだろうがなんだろがね。 闘いを前に、笠原は基地の片隅にある温室内へと堂上を誘い、初の実戦への決意を語笠原に堂上は意外な言葉をかけるのであった。そして、展示作品「自由」を巡りる日野。小田原を凌ぐ激闘茨城県展がついに幕が上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第10話 「里帰リ、勃発」

なんつう陰湿ないじめなんだ! 熱血スポ根物によくある、こういったいじめ。 まさか、こんな軍事物を題材にしたもので出てくるとは思いもよらなかった まさに予想外!! それにしても、案外あっけなく防衛隊と業務部との立場が逆転しちゃいましたな てか、笠原がここから立ち去れば、また防衛隊の立場は元の戻ると思うんだが・・・ 全然、問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第09話 「昇任試験、来タル」

おもしれぇぇ~~、堂上と笠原の百面相!! 見ていると、こっちが照れてしまいそうになるじゃないか 微笑ましい二人を見ていると、逆に恥ずかしさが伝わってくるようだ(*´▽`*) 王子様の正体を知った笠原は大混乱し、まともに堂上の顔を見ることが出来ず右往左往していた。そんな中、昇任試験の時期が来たが、手助けしよううにも逃げる笠原にど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第08話 「策動セシハ手塚慧」

なんだか、全体的見てみると、慧の個人的問題に図書隊の皆が振り回されたいた感じが否めないんですけど(^^ゞ っていうか、単なる慧の痛すぎるブラコンに吐き気がもよおしてくるのですけどヾ(´Д`;) もちろん笠原のも大変だったが、今回の影の主役の柴崎、彼氏が出来て満足げな顔を浮かべただけに、可哀想です。 図書隊査問委員会の厳しい取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第07話 「恋ノ情報探索」

口ではかなり受け流していたが、いざディナーとなるとまんざらでもない柴崎・・・ まぁいざ彼氏が出来ならば、やっぱ喜ぶよねぇ~♪ つか、応答の仕方がすご~~く大人ぶっていてとても23歳に見えないんですが・・・ もう少し子供っぽくていいのではと思う。 しかし、図書館での不正図書廃棄疑惑で笠原が査問委員会に出頭命令!! 次回が険し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第06話 「図書隊ハ発砲セズ」

小牧の足を良化隊に打たれ、笠原が怒り、前へと出るシーンで、よくまぁ、いくら協定で結ばれているとは言え、撃たれるかもしれない中に前へと飛び出すね。 私だったら、さっさと逃げまくりますよ。 ってか肝っ玉が据わっているというか、熱血バカといようか、ホントすごい性格・・・ そのおバカさん行動が堂上にもまったく同じ行動をとっているという真実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第05話 「両親攪乱作戦」

隊全体での笠原の本当の危険な仕事に従事していることを両親に対してここまで隠蔽する隊全体ってどんなんだ? まぁ、結局ばれてしまったわけだが、秘密って言うのはいずればれる事。 それが両親なら、すぐにばれる。 っていうか父の笠原に対する考え方が窃盗犯を捕まえた事によって、ちょっと考えが変わったのだろう。 なんにしても両親に対してみれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第04話 「図書司令官ヲ奪回セヨ」

この拉致救出作戦で警察の権限より図書隊の発言の方が何十倍も発言力が強いって言うのはどういうこと? 使えるだけ使っといて、用が済んだらそれでと言う図書隊の強引さにホレボレしてしまいましたぞ 教官である堂上になにかしら突っかかるその性格 教官曰く「昔の自分」とそっくりだという堂上 なんだか、この二人は以外に相性がいいっていうか、喧嘩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第03話 「小田原攻防戦」

こんな所でドンパチをするんじゃない!! 重軽傷者多数、完全に戦争といより、ゲリラ戦に近いものがあるぞ でも、何時見ても本を守る為に戦いっで怪我人ってすごく異質な物に見えて仕方がない・・・ 今回も悔し涙を見せた笠原・・・ 二昔前の熱血物をみているようだ 手塚からの告白に動揺を隠し切れない笠原。検閲の歴史を収蔵した個人所有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第02話 「図書特殊部隊(ライブラリータスクフォース)」

自衛隊みたいな特殊訓練もやって図書館業務もやって、しまいに図書館、本を守る為に銃撃戦もやるなんて、どんでもなくハードスケジュール・・・ 一般人にはとてもやってられないね しかし手塚という人物、高所恐怖症の人間を特殊部隊のタスクフォースに入れるか普通・・・ まぁ自衛隊ではない、特殊機関だから人材不足なのか? やはり、話が破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館戦争 第01話 「我ガ王子様ハ図書隊ニアリ」

メディア良化法?? 中央政府と図書館との小競り合いから武力闘争?! 設定に無理がありすぎる すでに無理やりの法案のせいで話の内容がちと破綻してますよ 素直に話の内容が飲めない っていうか、主人公のアホさ加減と熱血バカの性格で軍隊としての秩序も破綻してます エリート部隊のタスクフォースになぜ転属になるのだ? この性格で?! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more