テーマ:黒執事

黒執事 第24話 最終回 「その執事、滔滔」

なんとも後味の悪いアニメ いや、ただ面白くない、とか、つまらないとかじゃなく、自分の命をもいとわないと感じるシエルのその考え方とか、作品全体からにじみ出ている負のイメージがあまりにも強力すぎて共感できないんですよね。 アニメは面白いですよ ただ、セバスチャンとシエルの関係がだたの執事じゃなく、心から通じ合っているというか、【仲間】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第23話 「その執事、炎上」

うおおおぉぉぉ!!! なんと真っ黒なんだ! 正義も思いやる心も何もヘッタクレもないなヾ(´Д`;) 天使はもっと聖なるものなのじゃないか あまりにも殺戮と残虐に悪魔のセバスチャンも下を巻くほどの醜悪さに、この男女、アンジェラとドルイットの合体生物こそが悪魔に相応しいと思うヾ(´Д`;) 焼け落ちてしまったファントムハイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第22話 「その執事、解消」

裸の王様を見ているみたいだ(´Д`;) 復讐心が揺らいだ心を見透かされセバスチャンと決別したシエルは、彼の援助なしには何も出来ない自分を悔しがる まぁ、当たり前だよなぁ だって子供だもん いくら大人ぶって、経験豊富なシエルでも、所詮は子供、世間の荒波は厳しいぞっということですね(^^ゞ パリ万博に訪れている女王に謁見するた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第21話 「その執事、雇傭」

ようやくこの使用人の3人の逸話がここにきて出てくるとは・・・。 皆、何かしらの苦労や悲しみを持ってファントムハイヴ家に従事ている。 召し抱える者と仕える者の主従関係の域を超えた、【仲間】って感じがするね。 しさしぶりにきな臭い雰囲気をよそに、晴々とした爽快感に満ちた終わり方にちょっと驚いた。 しかしメイリンのどじっこメイドがこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第20話 「その執事、脱走」

またしても裏切り・・・ 裏社会に生きるファントムハイヴ家にとっては親身に語れる人間などいない、金と支配、それだけの付き合いしかない。 そんなシエルにとって同じ境遇のアバーラインは親近感と助けたいと思う心からそんな行動に出たんだ思う。 しかし、今回のオチは悲しいぞ。 ジョンの遺留品の行方を追う最中、シエルは何者かの罠にはまり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第19話 「その執事、入牢」

今回は謎また謎のサスペンスですな(´Д`;) なんか刑事もの探偵物を見ているような、そんな感じだ バラバラに散らばったパズルのピースをはめ込むかのように事件の真相が闇の中へと迫っていく。 どうせ執事のセバスチャンは知っているんだろうな~。 テムズ川で死体が発見された。被害者のジョン・スタンレーは、女王のために働いていた裏社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第18話 「その執事、転送」

なんだか私にはこのアンジェラって天使の方が悪魔に見えて仕方が無いのだが・・・。 悪魔みたいに人の心に付け入り、悲壮感に苛まれる感情を改ざんし、望んではいない浄化なんて所業を勝手にやるし、悪い事している良いうにしか見えない。 てかセバスチャンの方が善人に見えてしょうがない! セバスチャンとともに教団のアジトである修道院へ潜入した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第17話 「その執事、奉納」

セバスチャン、ついに女性を手篭めにしたのか 情報を聞き出す為にそんな事までやるとは、もはや執事の鑑だなヾ(´Д`;) 手篭めにした女性もまんざらではない様子で・・・ しかし、デスサイズを回を追うごとに小さくなっていくとはかわいそうだ っていうか最初は憎まれ役だったグレルがドンドン愛らしいキャラになっていっているのがなんだかすご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第16話 「その執事、孤城」

幽霊奇談{{{{(゚∀゚;)}}}} 怖い話しかと思いきや、悲しく、そしてやりきれない思いが立ち込めた回でした。 幽霊になってしまって痛みは忘れるがその悲痛な心の感情はいつまでたっても消えぬ物。 それをうまくストーリーと絡めたところ面白いね♪ しかしセバスチャンをを撮られたシエルのいぶかしげな表情ときたらwwwwwwwwww …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第15話 「その執事、競争」

料理対決になってしまった。 これだけカリーだのカレーだのと言っていると、ほんとにカレー食べたくなってきた(´・ω・`) しかし、セバスチャンはカレー対決なのにカレーパンを出すとは恐れ入ったぜ! たしか、カレーパンは日本人が最初に作ったものだそうな・・・。 ウィキペディアでくぐったらやっぱりルーツは昭和2年らしいね この世界の時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第13.5話 特別篇 「タナカのナレーションで振り返る前半ダイジェスト」

総集編~~!! セバスチャンがどんどん普通の執事から脱線していく様子がよくわかるね。 藤村俊二って、1934年生まれでしょ? 声を吹き入れる作業も大変だったはず。 マイクの前に立つのはご老体には容赦ないはずなのに、お疲れまです。         CD モノクロのキス(黒執事盤)posted with…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第14話 「その執事、異能」

悲しいな 裏切りと絶望に苛まれる王子のソーマ まぁ、たしかに両親を殺され、屋敷も焼かれたシエルと比べると段違いにシエルの方が絶望感がある。 しかし、人の裏切りもまた、その絶望感といったらないはず。 私から見ればどっちも悲壮感はすごいと思うんだけどなぁ┐(´~`;)┌ ソーマが寝た後、アグニが内緒でどこに行っているのか突き止…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第13話 「その執事、居候」

この生王子ときたら、横着武人のその態度になんだか逆に憎めないキャラだ。 しかも悪魔と対等に渡り合えるアグニという執事もまた、使えない使用人たちのバルドロイド、フィニアン、メイリンを手に取るように扱うそのリーダーシップ性にセバスチャンより執事らしいぞ(*´▽`*) 冬のロンドンの一角。コーヒーハウスの店先に、半裸の白人4人が逆さ吊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第12話 「その執事、寂寥」

人間を人形にしちゃうという怪奇ミステリー真っ青な怖い話で、なかなかおっかない回です。 エリザベスどうなっちゃうのとドキドキしながら見入ってましたが、シエルは無粋な表情の内側にはエリザベスに対する想いがあるからこそ、危険を冒してまで救出に向ける情熱が生まれてくるんだろうなぁとおもったり、毎度思うが、セバスチャンの嫌みな言葉をちょくちょく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第11話 「その執事、如何様」

今回気持ち悪さと怪しさが一段と誇張されている。 つか、この人形のような動きと言葉使いのキャラ自体がすでにもう怖いのだが・・・((( ;゜Д゜))) その怖さと対を成すオカマ変態のグレルが再度登場・・・。 セバスチャンのディープキス目当てってところがまさしく変態の象徴だね っていうかもう中の人、声優さんの福山潤さん、あなたなんだか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第10話 「その執事、氷上」

何でもできるセバスチャンの多芸ぶりには驚かれるね。 フィギュアスケートに雪像作りと、その芸術ぶりはすごい。 悪魔にするのはもったいないな。 シエルの指輪を壊し、その償いの為にプレゼント探しに翻弄するエリザベス。 本当に好きなんだね、シエルの事を。 それにしてもシエルはエリザベスの事をどのように感じているのかな ただの厄介…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第09話 「その執事、幻像」

心霊写真が撮れるとういわく付きの摩訶不思議なカメラを使い、セバスチャンを撮るという難題を押し付けるという、今回は完全にお笑い回になっちゃってますな しかし、彼を10秒間も留めて置くなんて無茶、いや無謀としか言いようが無いね シエルは自分を犠牲にしてまで、なぜこんなあ無茶難題を遂行しようと考えたんだ? しかし、セバスチャンの1日の執…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第08話 「その執事、調教」

陰気な雰囲気を醸し出している中で独特の滑稽な笑い セバスチャンと魔犬の戯れる異様な光景に思わずにやけてしまった こういった、人間臭さもやれるとは・・・ さすが執事 今更ながら思うに、アンジェラが矢島昌子だという事に気が付いた クレヨンしんちゃん、こんな所でなにしてるんですかwwwwwwww ヘンリー卿が殺害された。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第07話 「その執事、遊興」

気持ち悪い村だ 一人の権力者の言いなりに、洗脳させられた人々の悪い事だと思えなくなってしまった人間の、どこまでも行きすぎた所業に胸糞悪い気持ちになってしまう 犬は忠実なる人間の片腕として昔から買われてきた いくら、洗脳させられた行いだとしても、尊厳を否定しているような犬いじめが横行しているなんて考えられない しかし、なんだかまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第06話 「その執事、葬送」

なんとも歯切れの悪い話だ・・・ 切り裂きジャックの犯人は実は血縁者のマダム・レッド・・・ 彼女の悲しい悲痛な心の叫びともに、それを援助するオカマな変態なグレル シエルは彼女の悲痛な叫びを共感すつこともなく、ただ冷徹にチェスの一駒であるかの如くの扱いで話し始めたあたり、死神と悪魔のえげつない差はどっこいどっこいだが、このシエルも相当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第05話 「その執事、邂逅」

完全に予想外だ! まさか切り裂きジャックの犯人が身近にいようとは誰が予想しただろうか? 普段と犯行時とでは、この変わりようときたら、まさに声優さんの力を見た 子爵が犯人でないことが判り、あらためて犯人像の割り出しにとりかかるシエル。 被害者の身体的な共通点から、次の被害者を予想し、犯人を袋小路で待ち伏せるシエルとセバスチャン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第04話 「その執事、粋狂」

セバスチャンのとんでもない早業で事件の容疑者を洗いざらい調べつくすその存在能力の高さ・・・ 実にバケモノじみてますなヾ(´Д`;) しかし今回も女装回・・・ コルセットで喘ぎまくるシエルあまりもの似合いまくりの姿ちょっとめまいが・・・ ホワイトチャペルで娼婦の猟奇殺人事件があった。 その残忍な殺害方法から、スコットラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第03話 「その執事、万能」

今回はきな臭い事件ないね と安心したとたん、新キャラ登場 役に立たない執事のグレル リアル田中は三分間しか持たない爺さんの執事 てか声が藤村 俊二じゃないか、思いっきり執事らしいはまり役なのだが、三分間しか持たないって言うのはもったいないなヾ(´Д`;) そして少女趣味のエリザベス 何気に出演声優が豪華なんだが・・・ し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第02話 「その執事、最強」

無表情で冷酷無比で残忍・・・ でも礼儀正しい、しかもバケモノの思いっきり変わった執事セバスチャン・・・ 拳銃の弾よりも早く動く、その俊敏さ、人間じゃないなと思っていたが、本当に人間じゃないとは・・・ なんなんだこの男は・・・ シエルが書斎から何者かにさらわれてしまった。 セバスチャン宛てに届いた一通の誘拐犯からの手紙。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒執事 第01話 「その執事、有能」

やっている事がまるで笑ゥせぇるすまんの喪黒福造みたいだヾ(´Д`;) 嘘の融資話を見透かしている、名前がなんとも当たり前の、っていうかセバスチャン自体あたりさわりのない名前なのにえげつない罰を与えるあたり、どうしても喪黒福造の面影がチラチラちらついているのはなぜ??? っていうか、一見優雅に見えるこの屋敷・・・ セバスチャン以外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more