テーマ:戦国BASARA弐

戦国BASARA弐 第12話 最終回 「蒼紅決死戦! 激闘の果てに吹く風の音よ!」

[TBS]10年09月26日17時00分(日曜日)放送 ・・・あらすじ・・・ 豊臣軍の台頭により、再び訪れた戦国乱世―― 日ノ本全土を巻き込んだ戦が、ここに決着の刻を迎える。 信念からその刀を抜くことなく、しかし全力で戦った慶次。 志を同じくする主君とともに、己の意思をもって明日のために槍を振るうと心に定めた幸村。 それぞれ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第11話 「覇走豊臣大本隊! 本気の慶次、断腸の抜刀!!」

[TBS]10年09月19日17時00分(日曜日)放送 ・・・あらすじ・・・ 豊臣の手の内を探るべく、大坂城に忍び込んだ佐助とかすがは、半兵衛による日ノ本平定の最終軍略地図を発見。 その計画の壮大さに驚嘆したところへ、謎の敵の急襲を受ける。 同じ頃、秀吉を追うべく態勢を立て直した政宗と元親は、再び松永久秀と対峙し、その意外な目的…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第10話 「復活の若き虎! 改造大要塞・日輪の脅威、東へ!!」

[TBS]10年09月12日17時00分(日曜日)放送 ・・・あらすじ・・・ 目的を同じくする伊達軍と長曾我部軍が大坂へと馬を進めているさなか、一通の書簡が届けられる。 そこに記されていたのは、豊臣に囚われた小十郎の安否に関わることだった。 政宗は憤激し、差出人の元へ向かおうとするが――。 一方、九州・最南端の地では、幸村が武…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第09話 「竜と鬼 尾張の激突!爆走!伊達・長曾我部連合軍!!」

・・・あらすじ・・・ 豊臣の本拠地・大坂を目指し驀進する伊達軍は、その途上、山中の野営地を謎の集団に襲われる。 政宗たちの馬を強奪しようとする一団は山賊と思われたが、その首魁は海賊を名乗った。 ――そう、政宗と同じく秀吉の剛拳の前に一度は敗れた、長曾我部元親である! 不屈の闘志で互いに打倒・豊臣を目論む二人が、相手が誰であるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第08話 「友垣との哀しき再会 猛執刻まれし日の記憶」

・・・あらすじ・・・ 大坂城にて秀吉との対面を果たした慶次は、 大切な家族を守るための申し出と、かけがえのない友への切実な問いを投げかける。 人の"幸せ"とは、そして"強さ"とは何なのか――。 だが「強き者のみが作る明日」を目指す秀吉と 「人のつながりが作る明日」を信じる慶次の対話は相容れることがない。 やりきれぬ思いを募ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第07話 「最南端・薩摩の地へ! 幸村、新たなる漢の出逢い!」

・・・あらすじ・・・ 幸村の自ら下した決断によって、もたらされた結果。 槍を振るだけでは、日ノ本の明日を切り開くどころか、ただ一人の人すら救うこともできないのではないか――。 己の判断が持つ責任の重さと「将」としての在り方に、激しく揺れ動く想いを抱えたまま西への道を進む幸村に、ある出逢いが待ち受けていた。 ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第06話 「脅威の豊臣・毛利同盟!海原を裂く覇の豪拳!」

・・・あらすじ・・・ 安芸・厳島沿岸において、豊臣・毛利連合軍と西海の鬼・長曾我部元親との決戦の火ぶたが切られていた。 勝利して一気に天下を獲るべく進撃する元親に対し、毛利元就は静観をきめこみ、 なんと豊臣秀吉が単身、長曾我部の大要塞・富嶽を迎え撃つ構えを見せる。 南方への道中を急ぐ幸村は、その震天動地の戦場を前に、 一軍の将…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第05話 「誓願の刻印!独眼竜対軍神 人取橋の対峙!」

・・・あらすじ・・・ 自ら奥州へ出向いた秀吉の更なる猛攻を受けた伊達軍勢。 苛烈な戦いをくぐり抜け、伊達屋敷に戻った政宗は、小十郎の居室へと足を向ける。 そこで想起された過去は、政宗が奥州を統べる前―― 多大な犠牲を払った末に勝ちを得た戦・人取橋の戦後のこと。 小十郎の愛刀・黒龍に刻まれた文字に込められた想いを知ったときのこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第04話 「安土城の亡霊!? 幸村を襲う嘆きと魔の咆哮!」

・・・あらすじ・・・ 豊臣の野望を打ち砕くため、西を目指す真田幸村と真田隊の兵達。 その道中、かつての織田信長の居城・安土城へと差し掛かった幸村は、まことしやかに語られる、ある噂を耳にする。 無念の最期を遂げた者たちの魂が、成仏せぬまま、夜な夜なすすり泣いているというのだ。 去りし日の栄枯盛衰を儚む、その痛ましい声の主を探るべく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第03話 「慶次対利家! 手取川に咽ぶゆずれぬ想い!」

・・・あらすじ・・・ 秀吉の所業は前田慶次にとって魔王・織田信長と変わらぬもの。 そんな秀吉の掲げる覇道と、時代の趨勢に慶次は心を曇らせていた。 「戦のない、和やかな生活を皆が送ることができないのは何故か?人が幸せになってこその天下ではないのか。」 そう、晴れぬ胸の内を謙信に吐露する慶次であったが、そんな慶次の思いを踏みにじるか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第02話 「失われた右目 斬り裂かれた竜の背中!」

・・・あらすじ・・・ 強大な軍を組織し、日本を手中に収めんとする豊臣軍。 その破竹の侵攻に危惧を抱く者、また掲げる理想に追従する者――豊臣秀吉の「覇道」が日ノ本全土を揺るがしていく。 奥州においても、豊臣の潜伏戦略によって周辺国は不穏な動きを見せていた。 まさに奥州の地盤を固めるべき時、片倉小十郎の前に突如、豊臣の軍師・竹中半兵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦国BASARA弐 第01話 「乱世再び! 裂界武帝・豊臣秀吉降臨!」

・・・あらすじ・・・ 武田と上杉、両軍が激突する合戦の地・川中島。 武田信玄と上杉謙信が雌雄を決するべく、激しい攻防を繰り広げる一方で、川中島東端では宿命に結ばれし蒼紅――伊達政宗と真田幸村もまた、ともに待ち望んだ勝負の刻を迎えていた。 だがそこに突然の奇襲の報。 謎の大軍勢によって、武田・上杉・伊達の三軍は川中島の地に包囲され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more