テーマ:西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第12話 最終回 「レシピ12 永遠の後味」

なんだか今回は神田と千影が新しい道を歩みだした二人に対して、橘の忌まわしい過去を清算し、自分も新たな帰路に旅立とうということを表現したかったのではないかと思うんですが、ここで新たな謎が・・・ 誘拐犯と橘の関係が明らかになっていないぞ! まぁここはマンガ版で補うという形をとっているとは思うんですが、アニメでは消化不良気味・・・ もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第11話 「レシピ11 真意の快味」

ケーキ屋、アンティークで張り込みをする二人の刑事ときらた・・・ 私もかなりの甘党だからわかるのだが、こんなケーキに囲まれていたら張り込みどころがケーキに目が奪われすぎて仕事どころじゃなくなっている太っちょの刑事さんwwwwwww なかなかいいキャラだしているじゃないの 子供の頃の記憶。誘拐されたときの悪夢。拭い去れない闇。橘は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第10話 「レシピ10 鼓動の異味」

ケーキ屋営業からいったん離れ、近所で起きた誘拐事件の捜査協力をすることに・・・ この辺が橘の過去の誘拐事件となにか関係があるのかないのか、いまいち漠然としたイメージしか想像できない。が、なにかしらの関連性があるのだはないだろうか。 まぁ、あれだに悪夢にうなされているのだから、実は橘誘拐事件の真犯人はというオチがしてならない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第09話 「レシピ9 憂鬱の小味」

なんか、最近本腰入れてケーキ屋としてのアンティーク従業員の物語が目立ち始めてきました。 ギャグ一辺倒ばかりではなく、こういった神田パティシエ育成計画、奮闘物語みたいな感動秘話が挿入され始めるのは大いにいい傾向だと思う。 そにに混じって、ケーキが随所に散りばめられているせいか? 異様に食べたくなってしまうのは、まさに原作者にいい様に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第08話 「レシピ8 千影の隠味」

驚きの発見! 千影が結婚していた しかもその子供が絶世の美女なのだが、実は小四という末恐ろしい子がいたという事実 そりゃあれだけ大人ぶっている体に抱きつかれ、母親は仕事にイライラしていたらそりゃ当たりちらすわ・・・ 悪夢にうなされる橘。未だ少年時代の誘拐体験のトラウマから抜け出せずにいた。千影はそんな橘を傍で見守り続けている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第07話 「レシピ7 聖夜の甘味」

今回はボーイズラブもなく、単純にクリスマスの忙しい時期のアンティーク、ケーキ屋の忙しさを垣間見れる話ですね。 これはこれで、けっこう楽しめた内容です 橘のなまはげ風サンタの格好で子供が無くというのは大いに笑わせて頂けました。 しかしこういうサービス業は必ずといっていいほど、無理難題を突きつけるお客がいるわけでして、不満タラタラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第06話 「レシピ6 危機の苦味」

またしても小野のゲイ物語ですか・・・ あまりにも小野の存在が大きすぎて、周りのキャラが薄く感じてしまうのは私だけ?? 師匠と弟子の一線をものすごく大きく超えてしまう小野はまさしく魔性のゲイですな 納得してどうすんのよヾ(´Д`;) アンティークに世界的に有名なパティシエ、ジャン・バティストがやってきた。ジャンは小野の洋菓子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第05話 「レシピ5 試練の渋味」

ようやくケーキ屋らしい話になってきた今回の話・・・ しかし、ななめ横から見てみると、やっぱりボーイズラブ系が散りばめられているちょっと身の毛のよだつ話がチラホラとwwww 体から甘い匂いがただよう神田に対してボクシングジムの面々は空腹に我慢できず、「喰っちまおうか」発言 おい、どっちを喰うつもりなんだとツッコミを入れてしまった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第04話 「レシピ4 悪夢の真味」

ノンケだった下影が小野の毒牙に落ちてしまったという話ですね。 しかし、ケーキ屋とまったく関係ないな! はっきり言って、ボーイズラブ系に入っているな たしかにテレビドラマにもなっているはず このまんまだと、脚本を改変しないとドラマにならないわけだな 納得!! 橘は千影をアンティークの従業員に迎える。その晩、小野と千影は橘に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第03話 「レシピ3 四人の新味」

ギィャャャ~~!!!! 今回、すごいことになっているぞ! 近所の奥様に花を撒き散らしながら接客しているし、新キャラとして登場した小早川下影に一目ぼれした小野が雨が降りしきる道のど真ん中で回るとんでもない行動に・・・ 一線を越えていないとホッとしているが、もう超えてはならない壁をこえてますぞ小早川下影!! グランドオープン当日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第02話 「レシピ2 決意の辛味」

すげぇ~おいしそうにたべるじゃないか元天才ボクシング選手の神田エイジ・・・ 販売員でもなくパティシエ見習いではなく、ただたんに甘い物に飢えた元ボクサーにしか見えない・・・(´Д`;) しかしケーキ一つで人の悩みを解消できるちょっとしたエピソードも踏まえた今回の話・・・ しかし、見ていると、ケーキほんとにおいしそうに食べるなぁ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~ 第01話 「レシピ1 再会の酸味」

おもしれぇ~!! 橘の暗い過去の話なんてどうでもいい、この小野裕介という男のパティシエ、自ら魔性のゲイといいやがった。 橘と小野の男同士の禁断の愛、というか一方的な小野の好き発言。 なんて斬新なアニメなんだ! ゲイの溜まり場につれて行かれた橘は引きまくりの怖がりまくり・・・ 全然、洋菓子、ケーキ関係ないじゃないか!! 裕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more